"It ain't nothin to it, but to do it"                            「やってやれい!」





こういうの見るとつくづくVALOってHRTZ!だなって思うんですけど。

サンフランシスコという土地柄もあって彼らの周りにはアーティストからナーズ、クリエイティブで自由な人達が自然と集まるよね。そしていろんな才能を持った仲間達が彼らなりにValoと勝手に共演して新たな作品を生み出していく。だからValoからは彼らのライフスタイルが自然と感じ取れる。

Valoを履くってズバリこういう事でしょ。


Props to Jake Wiens and talented people like him that are gathered around Valo. 
Having skated my pair till putting a whole through both of the soulplates, I can now truly see and believe what Valo represents. And what these guys are doing up in SF. (and Santa Ana)

To me, I see it as a gathering of creative minds. Bringing together their talent and collaborating in their own ways. For us to be part of Valo is about being involved, contributing and most importantly living the movement and the culture right in front of you. Having that said, "We Are Valo" and "Valo For Life" is not just a t-shirt logo anymore.  


Read More>>>

2901959934_8f9beb76ce_o.jpg

Omocomo is back from a long break and picked up his camera again. This time of course with Shintaro Nakayama. 

Trying to find time to take photos while balancing being a full-time salary-man, a husband and a father is never too easy. Especially when you are skating in Tokyo downtown where security is all over the place. This time omocomo kidnapped Shintaro (and KO) at 4 in the morning while the wife and the baby was still asleep. Snapped a few photos and went home to spend the afternoon with his family.

See the rest of his new photos on his flickr set along with his previous issue from last year.

Read More>>>

ピクチャ 1.jpg

oyalast_9.jpg

これが研究室の大矢さん(仕事募集中!)です。
大矢さんと友達の阿部ちゃんがやってるVJユニットVIDEOROCKが毎回出ているイベント、JOURNEYが2周年を迎え今月28日(TUE)にAIR代官山でイベントをやるそうで。
ゲストにFORCE OF NATUREのDJ KENTが来るようで。遊びに行ってみようと思います。
夜遊び上手な坊主、社会人、大学生のパーティーっぷりをチェックしてきますよ。
なんで水曜日はバイト休ませてくれっ!

写真はJOURNEYのフライヤーを入稿し終わった直後の大矢さん(もち徹夜明け)

大矢さんのサイト dess.jp
JOURNEY JOURNEY -from Earth to Space-
VIDEOROCK www.myspace.com/videorock


My friends from school Oya-san and Abe-chan are together in a VJ unit and they are having a party this month, just so you know. The picture is of Oya-san, a caveman graphic designer that actually lives in school. The picture is of him at school just after he finished designing the flyer. He is the one who showed me what it truly takes to pursue design as a career. A real mad designer. Hopefully he will be doing some work for my projects soon... till then sleep well. 


デザイン事務所で働く友達のコジコジがGoogleMaps APIを利用して作ったライブハウスマップ、LINDA。最近、β版をリニューアルしたようで。さすがの完成度だぜ、HRTZ!

出演するバンドが画像はもちろん、MP3音源、YouTube動画も登録できるからお客さんはライブに行く前にバンドのテイストがわかるって事。全画面にマップが広がり、左右のサイドバーで投稿と検索が全てできるシンプルなレイアウトはわかりやすいよね。まだリリースしたばっかりでこれからどんどんコンテンツが蓄積されていくと思うけど、このままでもライブハウスのタウンページとして使えるよね。ハードコア好きでよくライブハウスに行く人はブックマークせい!

まぁ、こんなの見せられたら当然スケートスポットマップが頭に浮かぶ訳ですよねぇ。

最近東京に来る外人スケーターが多いんだけど、毎回スポットを伝えるのに苦労するんですよ。また新しくスケートを始めた人やひとりぼっちでスケートしている人って意外と新しく近くにできた公共パークの情報って入手する術がないんだよね。あとはやっぱり、雰囲気がわからないから行きずらかったり。

イリーガルなストリートスポットはとりあえず置いといて、公共パーク情報はもっとガンガン公開してみんなで共有していかないといけないよね。パークを作ってもらった後、それを広めるか埋めるかはスケーター次第。

そのなかでもインラインに向いてるパーク、ローカルが居るパークを印付けてデータベースを更新していけば相当貴重な情報/コンテンツになると思う。

これ、こないだのスケートフォトグラファーのサイトと共に是非とも実現させたいプロジェクトです。技術的にはさほど難しくないんだけど、どういった形でリリースすれば継続できるかはよく練らないといけないと思う。

Read More>>>

ピクチャ 1.png


IMG_3894.JPG

A lot of the time we get a mix of international heads here in Tokyo. Kenny Owens from Charlotte was out here the whole September on a journey by himself.

Kenny is a skater(dope mistral on rails) and a filmer(say word 3 out now!) skating with Montre and Dre back in Charlotte. He was staying over at his mom's friends house in Roppongi for a month and we got to go there one day. It was straight out luxury and amazing. A place you could never afford to live by yourself. Plus kenny had the freshest kicks and clothes you wouldn't believe. 

Read More>>>

最近またomocomoが密かに写真を撮りはじめてるらしいよ。あっ、言っちゃった!

海外でもカメラを持ち出し本格的に撮影をしているスケーターが多いのか、新しいコミュニティーサイト、グループブログができたみたい。HRTZの「マジメに写真撮るバージョン」か。そいえばSKBNERDS写真部なんてのがあったっけ?


"We Are Not Famous" is a collective of rollerblading photographers. Here are the photographers that are currently part of the collective:
we are not famous

メンバーはCameronCardやAustinPaz、バリバリのプロスケーターからRollingRevivalでおなじみのTimParkerまで幅広く"アマチュア"スケートフォトグラファーが集まったブログといった感じかな。それぞれが力作(残念ながら雑誌では使われなかった写真?)をアップするんだけどカメラのセッティングも載せてるからわかる人には参考になるかも。

俺も何となく写真撮ってて、ISOとシャッタースピードは気を使う。とりあえずISOはあんまり上げちゃダメなんだな、、、だよな?

最近日本でもみなさん一眼レフを買ってストリートコースでパシャパシャしてるみたいで。こういうのやればあの人やあの人と交流できて面白いんじゃないかな?おっ!rollnetのいいアイディアじゃない?

Read More>>>

ピクチャ 14.png

NIKE SNOWBOARDING
So finally, here it is following the steps of NikeSB

Not feeling the Air Force One boots but I'm liking the website and the short movie they made.
Team riders as Matryoshka dolls and the Zoom Force 1 "The Cobbler" promotional video. They also have a weather tool on the top right corner of the site. 

Simple ideas but with an unique twist. They aren't trying to show you how cool or extreme snowboarding is, but the general character and fun anyone can relate to. And I think thats something a non-snowboarder or someone outside the industry can come up with. 
Very fresh and interesting. I like.

Check out their other site here.

A lot of people might ask if this will change snowboarding. I don't think so, but I would like to see their video if it ever comes out.

Read More>>>

前回のエントリの続き。
完全にオンライン動画に活動を移したスケビクリエイターもいたのだ。
というよりオンライン動画という形に創作活動を続ける方法を見出したといった方が適切かもしれない。

LIFE+のDrewBachrachも今年に入ってからYouTubeに過去のLIFE+のアーカイブをアップロードし始めているうちのひとり。いまやFuelTVで映像プロデューサーとして働くようになった彼はYouTube上で今後のLIFE+の新しい形を模索しているようです。

これってまさに「仕事後にYouTubeの前でビールをプシューッ」な生活じゃないですか?
ちょっとした大会のレポートやプロファイルをネットでアップする。クォリティーやセンスを落とす事無く、新鮮な情報をタイムリーに配信する方法として今のLIFE+にはYouTubeがちょうどいいのかもね。

あなたの日々の生活にもちょっとした潤いを、ライフ+。

こちらはSayerDanforthと一緒に行ったBCSD2008のレポート。ゆるーいテレビ番組っぽい構成がLIFE+っぽくていいよね。ファンキーな音楽もちょうどいい感じ。
なのにJosh PettyとBrandon Campbellのレアな姿をしっかり収めてるんだから!HRTZ!



Here's LifePlus still doing their thang on YouTube. I always liked the TV-feel coverage of LifePlus. Good to see them still making mini-sections on YouTube. Keep looking out for them on the Tube.

Read More>>>

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
kymseen
This is the KYM on the spot. Everything and anything that I think is "horetaze" is here.